徒然日記

【書籍】徳川家康: 江戸幕府を開いた将軍 (学研まんがNEW日本の伝記)

2014/08/03 00:00 | もとむらえり

徳川家康: 江戸幕府を開いた将軍 (学研まんがNEW日本の伝記)

徳川家康: 江戸幕府を開いた将軍 (学研まんがNEW日本の伝記) [書籍]

著者: もとむら えり

クリエーター: 田代 脩

出版社: 学研教育出版

出版日: 2014-07-29

商品カテゴリー: 単行本

ページ数: 144

ISBN: 4052038754


『徳川家康: 江戸幕府を開いた将軍 (学研まんがNEW日本の伝記)』

学研の学習まんがですので、時代考証をはじめすべてにチェックが入っておりますので、
トンデモ設定などはございません。
シナリオ(ストーリー構成・セリフなど。演劇の台本状態)までは提供していただいており、
私の仕事は純粋にマンガにすることでした。
行間の演出は、私らしさを入れさせていただきましたが、
セリフなどは完全に提供していただいたままです。
光栄で有難いご縁からお仕事の紹介をいただき、お仕事をいただけたときは
嬉しさとこれからの(スケジュール等の)大変さに一瞬呆然となった覚えがあります(笑)。

そもそも、学習漫画は一度描いてみたかったので、本当に光栄でした。
連載デビュー作から歴史ものでしたので、
歴史好きな作家ではあることに偽りはないのですが
エンターテインメント性のないものはマンガには向かないということで
「女性向けの作品だったら戦闘シーンは必要ない」とか
「武将をただのオッサンに描いても受け入れられない」とか
いろいろなしがらみが付きまとっておりましたので、
全く史実から脚色のない話などは、広く受け入れられないのかな~、
描けないのかな~と思っておりました。

なので、全くトンデモ設定のない、純粋に歴史を学べる漫画を描いてみたかったのです。

多分、娯楽マンガでただそのまま歴史を追ってたら、あらすじを書いた読書感想文よろしく、
「だったら(学習)歴史漫画を読めば?」と言われるでしょう。
だからこそ、学習漫画を描いてみたかった。
シナリオは史実通り、ならば漫画として魅せるのはキャラクターでしかない。
次ページにめくってもらえるには、演出も極力読みやすく、コマ割りも難しくなく、
カラーはくどすぎずシンプルかつ抑えるところは抑えて、色を塗りやすく線は少なく、
ターゲット層は小学校中学年~など色々考えて、
編集さんや監修さんのご意見を取り入れていきましたら、
この作品になりました。
(例:元服後の前髪はNG。ひげのあるなしは漫画家の自由etc.)

私は学習漫画として、自信を持って太鼓判を押して皆さんにお勧めいたします!

たくさんの方が携わっている作品であり、私の(今はまだ短い)作家人生の中でも、
信じられないような作業スケジュール・コンディションの中、
出来あがったことが奇跡のような作品です。
大変思い出深い作品となりました。

さて、少し作品について余談を。
『徳川家康』というと、だいたい若いうちは苦労の連続、
脚光を浴びだすのは晩年なイメージでした。
ですので、だいたい家康の本というと表紙はオジサン~オジイサン。
そして甲冑も豪華。前立ても豪華。だいたい関ヶ原のあたりが描かれるイメージなのですが
この本は『伝記』で、せっかく若い時期もあるのだから
若武者時代を表紙に持ってこよう!…ということになりました。

ですが、
若武者時代の…家康(元康)さんの鎧は……お世辞にもあまりかっこよくないんですね(笑)。
表紙は初陣時の金陀美具足を着用させていただきましたが、
ラフでは冑を小脇に抱えていたり、馬上に乗っていて動きがあったり、
ニヤリと不敵に笑っていたり、と、数点案を出しましたが、
決まったのが今表紙になっているもので、「冑をかぶらせてください」という指定つきでした。

かぶとを・・・かぶったら・・・!お顔がほとんどみえないではないですか・・・!?
しかも、ただでさえ前髪はNGというしばりの中、面頬まで付けたら肌まで見えない!
男前であるかすらも怪しくなってしまう!

と、結構残念だったのですが、
実はこの初陣の金陀美具足、描く際にネットで調べてみたら、
ものすごく心温まるエピソードがあったのですね。それを読んだら、
この具足がものすごく素敵に思えてきて、
「よっしゃあ!じゃあ、この鎧を着ても、男前になるようにしてやらあ!
それが私の仕事だぜぇ!」という気持ちになったのです(笑)

そもそも!
家康さんの伝記は、色気がない。
全くない、ほとんどない。

まず、125Pに圧縮した伝記にしたら、女性がほとんど出てこない。
2名ほど出てきておりますが(1コマだけを入れたら3名w)、どっちも怖い。
そう、つまり、男祭り。男ばかり。オジサンばっかり。
なので、キャラの描き分けという意味では、結構特徴づけて(デフォルメして)しまったなあという印象です。
出番が遅いキャラの方が、出尽くした感があってデザインをどうしようか悩みましたが、
何気に、一番見た目のキャラが立っているのは島津氏じゃないかなと思います(笑)

あ!!!
往年の私の作品を親しんでくださっている方には、
信長とか光秀はどうなってるの!?秀吉は!?浅井長政は!?と
気になってくださる方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、光秀は史実通りのビジュアルです(笑)。
1コマ程度しか出てきませんが…!力いっぱい心をこめて描かせていただきました、思い入れのあるキャラ、光秀さん。
また、信長も黒髪で出番は少なめですが、存在感と男前っぷりは健在のようです(スタッフ談)。
秀吉は誰が見ても秀吉なわかりやすい容姿になっており、
浅井長政さんは1コマしか出てきませんが、この方だけは拙作『市姫~』のキャラデザと何も変わっていません(笑)
詳細は是非!お手許でお確かめいただけると嬉しいです^^


ご自身や親戚にお子様がいらっしゃる方、今後読ませたいなと思う方、
単純にもとむらを応援してあげるぜ!という方(笑)、
どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします!!!!
何より、フ ル カ ラー マンガが125P収録されていて
1000円(+税)はかなりの見ごたえですよ~!
全国の学校図書館などにも置いてもらえるかもしれないとのことで、
とても楽しみにしております^^

アンケートはがきも挟まれておりますので、ご感想など是非お聞かせくださいませ!

信長・秀吉・家康3冊同時発売です。
各人物を各作家が担当しておりますので、三者三様のキャラや演出を楽しめますが、
各作品のシナリオはリンクしているようです。
シリーズ本としては『徳川家康』は3冊目にあたりますので、
興味をもたれた方は、よろしければ是非3冊まとめてよろしくお願いいたします^^

織田信長: 天下統一をめざした武将 (学研まんがNEW日本の伝記)

織田信長: 天下統一をめざした武将 (学研まんがNEW日本の伝記) [書籍]

著者: 山田 圭子

クリエーター: 田代 脩

出版社: 学研教育出版

出版日: 2014-07-29

商品カテゴリー: 単行本

ページ数: 144

ISBN: 405203905X



豊臣秀吉: 天下統一を完成させた武将 (学研まんがNEW日本の伝記)

豊臣秀吉: 天下統一を完成させた武将 (学研まんがNEW日本の伝記) [書籍]

著者: 楠田 夏子

クリエーター: 田代 脩

出版社: 学研教育出版

出版日: 2014-07-29

商品カテゴリー: 単行本

ページ数: 144

ISBN: 4052038746