徒然日記

Archive for 2016

田中芳樹原作『風よ、万里を翔けよ』コミカライズ第一巻発売

2016/10/16 10:56 | もとむらえり

ちょっと!もとむらさん!!

アナタ、月刊連載のお知らせするとか、前の記事に、書いてましたよね!?

ハイ、ぐうの音も出ません、もとむらです。

巨匠・田中芳樹先生原作の中国歴史小説、『風よ、万里を翔けよ』の
コミカライズ第一巻が、10月14日(金)に発売されました!

風よ、万里を翔けよ(1)(プリンセス・コミックス)

風よ、万里を翔けよ(1)(プリンセス・コミックス) [書籍]

著者: 田中 芳樹(原作), もとむら えり(作画)

出版社: 秋田書店

出版日: 2016-10-14

商品カテゴリー: コミック

ページ数: 189

ISBN: 4253273319


田中先生の原作が初刊行されてから早25年…
良い作品は、時代を越えて、いつまでも良い。
そう確信できる物語です。
どうぞよろしくお願いいたします。

*
さてさて、ちょいと小話。
秋乃先生の初代コミカライズは、当然のことながら発売時に買って読んでます。
高専1年の夏休みに、両親の勧めもあって
カナダの姉妹校に約一ヶ月間留学させてもらったんですが、
その際ホストマザーに「ディズニーの長編アニメが好き」といったら、
現地の映画館で、当時公開されたばかりの『ムーラン』を見せてもらいました。
もちろん字幕なしで、上映開始5分くらい経っていたのですが入場させてもらって(笑)

…鳥肌立ちましたよね。当時は3DCGを映画に組み込み始めたばかりの頃だったと記憶しているので、
雪山のシーンとか、国民全員が皇帝にかしずくところとか…
小娘ながら、これはすごいものを見たと。

帰国後、日本公開を待って映画館に行き
(そこで初めて冒頭部分と、話の詳細が分かったんですけれど(笑))、
パンフレットを買い、
そこで日本でも、田中芳樹先生の書いた木蘭の小説があることを知り、
その足で帰りに本屋で買って帰りました。

本屋のマンガと歴史書コーナーをぶらぶらするのが好きだったので、
そこで秋乃先生のコミカライズ版も新刊で買い、読みました。
1冊で見事にまとまっているのもすごかったですが、
田中先生の帯文にあったように、確かに美麗で、
かなり小説のイメージを具現化されました。
文字だけではよくわからないものをガツンと見せてもらったな、と。

しかしこの小娘、当時から妄想好きで、
自分だったらこういうアレンジをするな~と思っていたんです…
ムーラン、田中先生の小説、秋乃先生のコミカライズ。
もう十分だろ、とならなかった(笑)。

それが約20年の時をこえ、仕事として実現しました。
なんというか… …感慨深い。

20年近い片思い…原作を任せていただき『大事にします!幸せにします!』という一言につきます。

よろしければ、もとむら節、もとむら流アレンジのこのコミックス、
読んでみてください。原作を損なわないようにちょっぴりかつ大胆にアレンジさせていただいた部分もあります(笑)
一番初めにキャラデザした木蘭が、
ディズニーのムーランよろしく全然女の子に見えない…とか
忠実に再現しようとした裏話などもあるにはあるんですけど、
そこは少女漫画雑誌寄りにテコ入れしてキャラデザインし直しました。
漫画の力ってスバラシイな~^^(笑)

誓って、原作を、絶対に面白くしてやるという強い思いがなければコミカライズに挙手しませんでした。

もともとが二番煎じと言われるかもしれない、
(秋乃先生にも関係者様方にも感謝しきりです…よくぞGOしてくださいました…)
そして
田中先生の原作をコミカライズするには実力不足かもしれない…
そんな葛藤を乗り越えて、振り払って、なおかつぐりぐりと踏みつぶして(笑)
正面からぶつかっております!!!

画面から少しでも、その熱が伝わると嬉しいです。

どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします!!

【新聞連載】山陽新聞日曜版「さん太タイムズ」に『徳川家康』掲載

2016/06/23 00:00 | もとむらえり

2014年に執筆いたしました、
日本の伝記シリーズ『徳川家康』を、
山陽新聞社(岡山県)の子どもに向けた日曜版『さん太タイムズ』に
今年(2016年)の4月24日から21回にわたって週刊連載することになりました。
お目にかかる機会のある方はよろしくお願いします。

私自身、購読してみたい!と思い担当の方に問い合わせましたが、
「『さん太タイムズ』の掲載される山陽新聞は岡山県の新聞なので、
それ以外の地方でお買い求めいただくのは難しい」、とのことです。

ちょっぴり残念ですが、毎回6Pずつくらいの再掲でもあるので、
興味のある方は単行本の購入もよろしくお願いします( ´艸`)

徳川家康: 江戸幕府を開いた将軍 (学研まんがNEW日本の伝記)

徳川家康: 江戸幕府を開いた将軍 (学研まんがNEW日本の伝記) [書籍]

著者: もとむら えり

クリエーター: 田代 脩

出版社: 学研教育出版

出版日: 2014-07-29

商品カテゴリー: 単行本

ページ数: 144

ISBN: 4052038754


【書籍装画担当】石田三成の青春(著:松本匡代)

2016/06/22 11:30 | もとむらえり

石田三成の青春

石田三成の青春 [書籍]

著者: 松本 匡代

出版社: サンライズ出版

出版日: 2016-02-27

商品カテゴリー: 単行本

ページ数: 341

ISBN: 4883255883


「石田三成の青春」
著者: 松本 匡代
製造元: サンライズ出版

おお、こ、こちらも発売が奇しくも2月…(-_-;)
こちらの装画と、折り返し見開き部分のモノクロカット一点を作成しました。

自分でも久しぶりのカラー原稿だったのですが、かなりお気に入りの作品です。
大谷吉継公が特に自分ではキタコレだったですね~(∩´∀`)∩
モノクロ原稿は、著者の松本先生にいたく気に入っていただいたようで、大変光栄でございます。
なんとこちらも、重版出来だそうで、おめでとうございます!
三成と、吉継の友情が本当に優しく読みやすく書かれており、
また三成の「青春」ですから、初恋なんかも触れられていたり、
人間味のある可愛い三成像で一気に石田三成公を好きになると思います( ´艸`)!
私はとにかく吉継とのやりとりがお気に入りです。かけあいっていうのかな。
ああ、男の友情やね~と思いながら読みました。
松本先生のテンポのいい文体で、スラスラと読めますので、
石田三成入門書としても最適だと思います。
戦の描写はほとんどなく、キャラクターを深める「青春」話であります!

さてさて…この装画と、
2014年3月に発表された『MEET三成』のイラストと合わせて、
なんと、いたるところで二次利用させていただいております!!

ざっくり把握しているだけで、
(ツイッターアカウント、
「▼#石田三成の青春@#真田丸 #山本耕史 ‏@mitsunarist」さんより)

・JR各駅(彦根・米原駅他)にてMEET三成のポスター

・「MEET三成」横断幕/看板/のぼり旗の設置場所まとめ
【01】JR米原駅改札前(自由通路)
【02】JR彦根駅東口(自由通路)
【03】近江鉄道彦根駅(JR彦根駅2番線から見る)
【04】佐和山大手(近江鉄道鳥居本駅から徒歩15分)
設置場所
のぼり旗

・「MEET三成展」スタンプラリー帳の表紙(↓ダウンロードできます)
http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2016/05/bb2811b9786fffeea688461d21c6ffa7-4.pdf

・クリアファイル
★Twitter企画
#石田三成クリアファイル ゲット!
▼JR米原駅改札前(自由通路)
▼JR彦根駅東口(改札出て右つきあたり)
▼JR彦根駅2番線から見る近江鉄道彦根駅
#MEET三成横断幕 タグで1ヶ所ずつ→3ヶ所まとめてアップ後、
「@mitsunarist」にリプライ(@マークでコメント)を送ると全員サービスされる
クリアファイル(非売品)にイラストを使用していただいてます。
クリアファイル
このクリアファイル、アニメのようにレイヤーになっており、後ろに佐和山の夕日、
手前にイラストという演出になっていて本当にかっこいいのです!

・ラッピングカーのリアウィンドウを飾る
ラッピングカー

その他いろいろなところでお披露目…させていただいております。

いろんなところに露出していただいているので、
どこかで見かけた方はよろしくお願いいたします^^

ちなみに、ツイッター「石田三成の青春 ‏@mitsunarist」の中の御方(笑)とは
市姫恋絵巻の時からのご縁です。どうもありがとうございます!
かつて、長浜でサイン会をしたことを
覚えていらっしゃる方はいるのでしょうか…。うふふ。

実は私も把握できてないくらい、たくさんのところで
二次利用していただいているようで大変光栄に思っております。

追って、こちらの情報を詳しく知りたい方は、
フェイスブック『石田三成の青春』のページ、もしくは
ツイッター『@mitsunarist』さんをフォローしてくださいね。
よろしくお願いいたします!

【書籍】マンガでやさしくわかる資料作成の基本

2016/06/21 10:01 | もとむらえり

マンガでやさしくわかる資料作成の基本

マンガでやさしくわかる資料作成の基本 [書籍]

著者: 吉澤 準特

クリエーター: 葛城 かえで, もとむら えり

出版社: 日本能率協会マネジメントセンター

出版日: 2016-02-27

商品カテゴリー: 単行本

ページ数: 304

ISBN: 4820749722


『マンガでやさしくわかる資料作成の基本』
著者: 吉澤 準特
クリエーター: 葛城 かえで(シナリオ), もとむら えり(作画)

発売が、に、2月…でございました。
担当さん情報によると、すでに重版もさせていただいているようです^^
おめでとうございます!2刷!!

前回の「マンガでやさしくわかる~」からのご縁でお仕事させていただきました。
パワーポイントの使い方がわからない!魅せ方がわからない!という方、
超初心者向けにわかりやすいコミックになっております。
キャラも魅力的ですので、興味のある方は是非よろしくおねがいいたします!

雑記:ご無沙汰しております!近況とかとか

2016/06/20 10:00 | もとむらえり

こんにちは、もとむらです。
あれ、前回の日記更新の日付が…2014年8月…!?
なんとも恐ろしいですね(;´・ω・)…

サラリと流しますが、
前回の日記から何をやっていたかと申しますと、

(1)二人目を出産しておりまして、その二人目も今年で2歳になります^^
あ~(;’∀’)
そういえば一人目が産まれました!という報告もこちらでしておりませんでしたね…

『漫画家』の公式ページにその情報必要かな?と思っていたのですが、
二人目育児ともなると、
育児しているのが当たり前!、隠すこともないじゃないか!、
子持ちで漫画描いてますが、何か!と公開してた方が
何かとやりやすいかと思いまして(笑)。

そして、新規でお仕事のお問い合わせをしていただく際、
育児しながらなんだよーとわかっていた方がいいかしら、と。
そのせいでクライアントさんが仕事をふらないかもしれないし、
育児中ということは関係ないかもしれないけれど、
でもやっぱり不慮の予定が入ったりしますので…こればっかりは予測不可能。
そしてやはり、「育児中でも、もとむらに是非時間作って描いてほしいんだけど!!
どうよ?!いつになったら暇になる!?」という熱いパッションで依頼が来たら、
「お、おう、なんとかねじ込んでやってみるぜ…!!」
という気にもなるので( ´艸`)笑 (どうもありがとうございます…!!!)

だからと言って、仕事量セーブはしてますけれど、
力を抜いているわけではございませんので、
ご安心くださいませね。
スケジュールのタイミングがありましたら、喜んでお仕事させていただきますよ~

(2)育児中ということもあり、イラストや原作付きやネーム原作付きの
広告マンガをメインに、水面下で細々と仕事しておりました。
私の名前は出ないのですが、某有名スイミングスクールや某有名進学塾の紹介マンガ等
作成させていただいておりました^^
見かけた方は超レアですよ~

(3)さらに、愛知県から実家のある福岡県柳川市に移住いたしまして
半年強が過ぎました。新生活にも慣れ、日々あわただしく過ごしております。

(4)さらにさらに、新連載も始まっておりますね…
うん、これ、めっちゃ大事よね…
告知もせぬ漫画家で申し訳ないです…(-_-;)
もう4回目の原稿を脱稿したのですが、とにかく…月日の経つのが早いですね!
赤子の数か月というと、乳飲み子だったのが走ったりジャンプしたり言葉を発したりしているのですが。
こちら、連載情報は別途、追って新規記事にさせていただきますね。

今後はもうちょっと、例えばせっかく月刊連載なんだから…
毎月一回は更新したいと思います…!(‘◇’)ゞ

ではでは、雑談おしまい。
以後、お知らせを連続投稿いたします^^